ボイストレーニングであなたの人生を より豊かに

歌が上手いってどういうこと?そのさん

歌が上手いってどういうこと?そのさん

年末感ぜっさん漂うなか、

みなさんこんにちはmiumiuです(*´-`)

本日、仕事納めをむかえます。

その前に、ゆる〜くブログ書くので

帰省の途中で見てもらえると嬉しいです(*´-`)

 

さて、「歌が上手いってどういうこと?そのに」まで、素直に実践してみたけど

なんにも変わらないよぷー(・-・)

みたいな方のために、

今日は「そのさん」で、もっと具体的に掘り下げたいと思います(*´-`)

 

では「そのに」と同じく

AIさんの「Story」のサビの歌詞を使って説明しますっ(*´∀`*)

 

「1人じゃないから

わたしが君を守るから

あなたの笑う顔が見たいと思うから」

 

歌うまポイントは、

「言葉」に分けて、言葉ごと『◯』で囲むように歌う!

です!(*´-`)

 

まず、言葉に分けてみます。

「1人じゃ」「ないから」

「わたしが」「君を」「守るから」

「あなたの」「笑う」「顔が」「見たいと」「思うから」

 

「ないから」を

「ない」と「から」で分けても良いです。

正解はないです(*´-`)

しいていうなら、

歌ではなく、文章、詩として朗読したときに、

あなたが ふっと力を抜いた場所

声が少し小さくなったところで区切ってみることが正解です(*´-`)

 

そして、

言葉に分けたら、その言葉を◯で囲んでいきます(*´-`)

こんなふうに↓

んで、

囲んだ◯のとおり、

息を強くしたり弱くしたりしながら

歌っていくと、

(声が大きくなったり小さくなるということです)

あら不思議(*´-`)

自然な抑揚がついた歌になるのですー💗

そしてそれが、「歌が上手い」ということに繋がると私は思うのですー(*´-`)

 

◯の線が、上に向かっていくときは

一緒に声を大きくしていく。

下に向かっていくときは、一緒に声を小さくしていく。

◯と◯がくっついているところも

切り離して歌うか歌わないかのギリギリを攻めるのです(*´-`)

 

ほんの少しのポイントを意識して

今までより上手に歌って、

あなたの歌人生を楽しくしちゃいましょう〜(*´-`)

 

参考になれば幸いです〜

miumiuでした(*´-`)

来年は戌年ということで

むかし飼っていた「ぴーこ」を書いてみました。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です