歌が上手いってどういうこと?そのに

皆さん、メリークリスマス(*´-`)

いかがお過ごしでしょうか?

私は数日前に胃腸炎になり、

チキンもケーキも食べられない体ですので、

今日は、陸王の最終回をリアルタイムで観たいと思っています!(*´-`)

 

そして、「歌が上手いってどういうこと?そのに」を書きまーす!

 

「そのに」では

「思いが伝わる歌を歌う」とは

どういうこと?

どうやって歌うの?

ということをゆるくお伝えできればと思います(*´-`)

皆さんも納豆巻きでも食べながら

ゆるく読んでください。

(私が今納豆まき食べたいだけです_:(´ཀ`」 ∠):)

 

まず、当たり前ですが

「歌詞を理解すること」

です!

既存曲でも、自分が作ったオリジナル曲であっても

歌詞を理解してない人は意外と多いです。

 

歌詞を理解するには、

まず、歌うまえに、

歌詞を朗読してみること!

メロディにのせずに朗読する!

その歌詞が、誰かに向けて書いているものであれば、

その人に向けた言葉、手紙のように。

自分に向けて書いているものであれば、自分自身に向けた手紙のように。

声に出して読んでみること(*´-`)

 

そして次に

miumiu的ポイントは

あくまでも、歌う人、あなた自身の解釈で良いということです(*´-`)

 

既存曲の場合、

作った人が既にいて、その人じゃなければ、ぶっちゃけ本当の歌詞の意味はわかりません。

ですので、どんな気持ちで書いたのか?どういう意味なのか?

ではなく、自分がより納得できるように、都合よく解釈してもオッケーというふうに考えています(*´-`)

 

自分の歌でたくさんの人を感動させたい!とかだとまた別ですが

(より共感してもらえるように解釈し、伝えることが大切になるため)

 

現段階で、歌が一本調子になってしまう人には、まずこれをやってほしいと思います。

カラオケ人気曲であるAIさんの「STORY」を例に考えてみますっ!

 

サビの歌詞を読んでみましょう(*´-`)

「1人じゃないから

わたしが君を守るから

あなたの笑う顔が見たいと思うから」

 

素敵な歌詞ですね(*´-`)

この歌詞を自分なりに解釈するのです。

自分なりにもなにも、そのままの意味だろー!って思うかもしれませんが、、

より深く(*´-`)

 

恋人に向けている言葉だと思って歌うのでも良し、

お母さんやお父さんに向けての言葉だと思って歌うのも良し、

まだ会ったことのない、地球の裏側にいる誰かに向けて歌っていると思うなら、それも良し、

生まれたばかりの子供に向けて歌っている歌詞だと思うなら、そう思って歌うのも良し、

どれも大正解だと思います(*´-`)

 

そして、より具体的に!

恋人に向けていると思ったあなたは、

どのくらい付き合ってて、どの程度の仲で、なぜ今こういうことを言うのか?

恋人は、辛いことがあったのかもしれない。

どんな辛いことがあって、

どのくらいダメージを受けていて、

はたまた何があったのかわからないけど、確実に辛い思いをしていて、

そんな恋人に対して、どんなふうに伝えるのか?

と、ここまで細かく想像するのです。

 

お母さんに向けていると思ったあなたも同じく、

今、お母さんはどんな状況で

(田舎で一人暮らし?健康?)

そんなお母さんに対して、どんなふうに伝えるのか?

強く訴えたいのか?

優しく支えたいのか?

包み込みたいのか?

などなど(*´-`)

 

大切なのは、「自分の思い」なので、

この際、作詞した人の思いは今は忘れて(●∨ω∨●)

自分なりに解釈した歌を歌ってみてください。

きっと、今までと違う歌になっているはず。

自分の歌になっているはず!

そして、それが「歌が上手い」というところに近づくはずです(*´-`)

 

思いをありったけ詰めたのに

なんにも変わらないじゃないかー!

という人がいたらごめんなさい(*´-`)

そんな方のために、「そのさん」も近いうち書きます!

もっともっと具体的に

うたを「伝える」ということをお伝えします!

miumiu

 

2017-12-24 | Posted in Blog, Lesson, MusicNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment